前へ
次へ

アメリカにおける大学入試制度の特徴

日本では大学入試はセンター試験を受けたり、各大学が実施している入学試験を受けて合格した人が通うものと

more

大学入試は過去問対策とモチベーション維持

大学入試では、試験科目数が多いので、各科目を効率的に学習することが重要となります。
やみくもに

more

ドイツの大学入試は10歳児から始まる

日本では誰でも大学入試を受け、合格すれば大学に通うことができます。
しかし、ドイツの場合には大

more

大学入試において国公立と私立の差

高校を卒業した後の進路は色々あって迷うかもしれません。
既にしたい仕事が決まっているならその仕事をするための進路を選ぶと良いでしょう。
専門学校であれば仕事に直結することが学べたりしますし、経験を早く積みたいなら高卒で就職するのも良いかもしれません。
一方高校ではまだまだ勉強が足りないと感じているなら大学進学をして知識と経験を蓄えるのもいいかもしれません。
全国には多くの大学があるので、その中から行きたい学校を選ぶようにしましょう。
大学入試をするに当たって考えないといけないこととして受験する大学の種類を決めることが挙げられます。
大学入試を突破するには中学入試や高校入試以上に勉強が必要になる可能性があり、限られた時間で合格に必要な実力をつけていかなければいけません。
となるとあまり無駄な勉強をするのは良くなく、受験に関わる科目のみをしっかり勉強するのが合格の近道と言えそうです。
実は大学の種類によって受験科目が大きく変わるときがあります。

東京ベロー精機株式会社
金属ベローズや畜産機器・電子機器などこれまで培った技術力をもとにお客様の希望に沿った製品を製造いたします。

自社施工の外構エクステリアならニワート

大学の種類として国公立大学と私立大学の区別があります。
国公立大学は主に国や都道府県などが主な運営母体になっている学校で、各都道府県に一校から数校設置されています。
一方私立大学は民間で運営されている学校で、都市部にたくさん設置されていて地方になるとあまり設置されていないところもあるようです。
国公立大学だと一次試験として共通試験の受験を必須としているところが多く、文系理系に関係なく幅広い科目の受験を課すところが多いです。
一方国公立の二次試験や私立大学はそれぞれの学部ごとに適した科目のみが受験科目になっていて、3科目の所もあれば1科目のみで受験できるところもあります。
つまり国公立を受験するなら共通試験を考えるとかなりたくさんの科目を勉強しなければならず勉強時間も多く必要になるでしょう。
一方私立なら数科目だけで受験できるときもあるので対策がしやすくなりそうです。
負担を減らしたいなら私立一本で受験することを考えてもいいかもしれません。

Page Top